10代の日々を回想

スポンサーリンク
デリヘルを中心に風俗を検索東京デリヘル大阪風俗 名古屋風俗福岡風俗
品川デリヘル新宿風俗 渋谷風俗 池袋風俗

「僕はあのコーチのためにフットボールをプレイしたかつたんだ」と10代の日々を回想する感傷的で優しい表題曲にはびっくりしたもんだ。
 76年のアリスタ移籍第1作『ロックン囗−ルー『Iト』Hには前作と同じくジャズーロックーグループ、エヴリマンーバンドが参加。
彼らは80年までルーの伴奏を務める。
スウィングするジャズ曲まであるが、全体としては印象薄い凡作。
 汚名返上となった78年の『ストリートーハッスル』Iでは、パンクの爆発に刺激を受けて生気を回復したのだろう。
ここ数作にはなかった攻撃的なサウンドを聴かせる(一部は独でのライヴ録音)。
中心となる表題曲は3部構成の街角の物語で、エロスと死が崇められる。
人種問題をブラックなジョークにした「アイーウォナービー・ブラック」も強烈だ。
 78年5月にボトムラインで録音されたライヴ作『テイクーノー・プリズナーズ』Eはレニー・ブルースの影響が明白な、本質的にスタンダップーコメディのレコード。
お馴染みの曲が並ぶが、それらにのってルーが様々な話題を延々しゃべるので、面白さは英語の理解力に比例する。
 79年の『ザーベルズ』Iはジャズの影響からディスコまで音楽的に最も冒険をしたアルバム。
珍しく大半の曲が共作だが、その相手はバンドの面々の他、ニルスーロフグレン(3曲)、そしてジャズの巨匠ドンーチェリー(トランペットでも参加)だ。
自殺する男を映像的に描いた最後の表題曲が忘れ難い印象を残す。
 80年の『グロウイングーアップーインーパブリック』Iはうってかわって当時の主流ロックに近いサウンド。
印象に残るのは歌詞も曲もシンプルな作品で、そのひとつの「シンクーイットーオーヴアー」のなかで求婚している通り、この年にシルヴィアーモラレスと結婚した。
 RCAに復帰して放った82年の『ブルー・マスク』Iは、元リチャードーヘル&ヴォイドイズのロバートークワインとジェフーベックらと共演してきたフェルナンドーソーンダーズを加えた4人によるオーヴァーダブ無しの演奏を録音した傑作。
2本のギターの相互作用と引き締まったリズムを強調したサウンドは、ゾーンダースのベースがルーの優しい面を表現し、クワインとルーのギターが怒りをこめて空間を切り裂く。
以前よりずター全部を担当。
キーボードと曲によってホーンが加わり、ソウルぽい曲も登場する。
ぶっきらぼうなラヴーソング「アイーラヴーユー・スザンヌ」やTVゲーム中毒を唄った「マイーレッドージョイースティック」はMTVでもヴィデオが流れた。
 RCA最後のアルバム『ミストライアル』Iはゾーンダースとの共同プロデュースで、半数の曲でプログラミングを使っている。
「オリジナルーラッパー」は包むラッパーのことだが、当然昔から語り調の歌を得意とするルーだから、ラップとも引っかけてある。
この曲や「ヴィデオーヴァイオレンス」など、社会批評性の強い曲が目立ち始めた。
つと私的な調子の自作曲では、「俺は平杓的な男」で「女性を愛する」とヘテロの普通の男を宣言して驚かせた。
 83年の『リジェンダリー・パーツ』Dは前作の延長線上にあるが、ドラムスに元マテリアルのフレッドーマーを加えた4人は真の意味でのバンドとして機能している。
その息の合った演奏は83年秋のツアーを収録した『ライヴーインーイタリー』Iでもたっぷりと堪能できる。
 ノつてきたルーは翌年にも新作を発表。
この『ニュー・センセーションズ』Dでは、仲違いしたクワインが去り、自らギ 今再びルーのルネッサンスを力強く宣言した89年のサイア移籍第1作が、その名もずばり『ニューヨーク』I。
NYの街角で直面する様々な問題を鋭い観察眼で見つめ、抗議し、哀しみ、愚痴をこぼし、辛辣に怒り、冗談を飛ばす。
フレッドーマーがプロデューサー兼任で戻り、ロブーワッサーマンのベースとリズムを固める。新顔マイケルーラスケとのコンビでギターの絡みも復活した。
 87年に亡くなった旧友ウォーホルに捧げた90年のジョンーケイルとの共作『ソングーフォー・ドレラ』Iは驚くほど正直に想いを語った心を揺さぶる追悼作だったが、彼以外にもルーは親しい友を見送らなければならなかった。
92年の『マジックーアンドーロス』図は2人の親友(一人は名ソングライターのドクーポウマス)の死にインスパイアされて、死への過程とその痛みと哀しみについて厳粛に黙想した傑作。
ラスケが共同プロデューサーに昇格。
やはりドクの友人だったジミー・スコット翁が参加している。
 93年のヴェルヴェッツの再編欧州ツアーとライヴ作を挟み、96年に発表したのが、『セットーザートワイライトーリーリング』I。
ゾーンダースを呼び戻し、初めてギター・トリオで録音した。
ここにも参加しているローリー・アンダースンとの恋愛を反映した明るい作品だ。
 98年の『パーフェクトーナイト(ライヴーインーロンドン)』Iは前作のトリオにラスケが復帰した4人によるライヴ演奏。
ヴェルヴェッツ時代の曲から始まり、彼の30数年の活動歴を順に追うような選曲がされている。
その間に音楽を担当したロバートーウィルスンのオペラからの新曲3曲も挿入される。
 そして、今年発表の最新作が、『エクスタシー』黼。
ハルーウィルナーが絶妙に程好い音楽的色付けを施した充実作だ。